本文へ移動

観光物産協会スタッフブログ

いちから作ろうはっと汁!!!

2021-06-09
今日もあづいですね~。
でも窓をあけていると涼しい風が入ってくるので、あついといいながら快適な事務所内ですー

今日のモネちゃん、仲直りのきっかけではっと汁出てきましたね♪
前回のブログでは、はっとの由来とかを紹介したんですけど、今日は作り方をご紹介しますね♪

【材料(4人分)】
はっとの生地
・はっと粉(小麦粉) 150g
・水 適量

スープ
・ごぼう 1/2本
・人参 1/2本
・しいたけ 2個
・長ネギ 1本
・油麩 1本…は多いかもなので、半分でもいいかもです~
・かつおだし 小さじ1/2
・しょうゆ 適量
・水  1000㏄


【作り方】
① はっと粉に水を少しずつ加え、耳たぶほどの柔らかさに こねる。手に生地がくっつかなくなったら、ひとかたまりに丸めてラップに包み、30分ほど寝かせる。
(はっとの生地さんおやすみなさーい)
② 鍋に水といちょう切りにした人参、ささがきにしたごぼうを入れて煮る。
③ 寝かせておいた生地を薄くのばし、一口大にちぎって鍋にいれる。←ここ難しいです
④ 生地(はっと)が浮いてきたら、塩で味を調える。
⑤ 1㎝くらいの輪切りにした油麩を入れる。
⑥ 長ネギを入れ、ひと煮立ちさせたら完成

いれる野菜(具材)はお好みでOKです
白菜いれてもおいしいし、冷蔵庫に残っている野菜とか。せりとか入れると、うんめぇ~!!!!ってなります※個人的感想

あと水とか醤油とかの量は各自調整してください。
あ、スープは醤油じゃなくて、つゆで作っても大丈夫です。

③でここ難しいですって書いたんですけど、この薄くのばしていい感じに「つむ(ちぎる)」ってのが本当にむずかしいんですよ
おばあちゃんとかは「シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!」って本当に薄く素早く鍋に入れていくんですよ。(前世は忍者かね)
慣れていないとお団子みたいになっちゃったってこと多々あるので…ほんとはっとつみは難しい。



【方言講座】
「ちょす」
さわるの意味

「そご、ちょすなでば」
(そこ触っちゃだめだよ)

ちょすってネットで調べてみると北海道でも言うんですね~
からかう、触るの意味だそうで。
宮城は触るの意味でしか使わない気がしますね~

私が北海道の方言で好きなのは「なまら」
(あぁ北海道行きたい)



ちょっと明日はブログを書く時間がなさそうなので、お休みしますね。すみません。

それではまた明後日!
TOPへ戻る