本文へ移動

柳津虚空蔵尊春季大祭

DSCF88441
開山は奈良時代。丑年寅年の守り本尊 柳津虚空蔵尊(やないづこくぞうそん) ~
奈良時代に諸国を行脚して説法してまわった僧行基が、この地を訪れたおり、国家安泰・天下太平を願い虚空蔵尊を刻んだことに縁起します。奥州屈指の霊山・霊場の祈願寺で、福島の会津柳津と山口の周防とともに日本三大虚空尊の一つに数えられます。現在では福と智を満たす福智満(ふくちまん)虚空蔵尊として多くの人々の信仰を集めています。
大祭では正午から山海の珍味をお膳に盛り行列して運ぶ「献膳行列」が行われ、その後護摩祈祷行われます。県内外から大勢の参詣者が訪れ、厚い信仰を集めています。
 
 

詳細情報

開催時期・開催日
毎年4月12日13日
会場
柳津虚空蔵尊
住所
宮城県登米市津山町柳津字大柳津63
問い合わせ
TEL:0225-68-2079
URL

他の写真- photos -

地図- access map -

TOPへ戻る