本文へ移動

登米市長沼はすまつり

登米市長沼はすまつり

遊覧船に乗りながら長沼の蓮を楽しむ、登米市の夏の風物詩です。長沼は夏になると湖面いっぱいに数十万本のはすの花が咲き、その光景はまさに極楽浄土。
 
例年8月1日~31日まで「長沼はすまつり」が開催されます。湖畔にある「兵粮山公園」の特設桟橋から湖上遊覧の小舟が出で、はすの花の間を縫うようにゆったりと運行します。はすの花が良く見えるところで停船するので、美しい花を写真に納める事ができます。
また「長沼はすまつり兵粮山特設桟橋」会場では、船頭さんによる解説とズーズー弁のトークも楽しみいただけます。

開催期間

2018年8月1日(水)~8月31日(金)

運行時間

9:00~16:00

料金

【個人】一 般 700円
    小学生 500円
    4歳以上 300円

2018年開花状況

2018年8月23日現在

※花の数が少なくなりました※
 
※午後にかけて花がしぼんでいきます。
午前中がよりキレイな蓮の花が見られます

長沼はすまつり会場アクセス

会場/兵粮山公園特設桟橋
 
お車
カーナビの設定/
施設名:長沼温泉ヴィーナスの湯
住所:登米市迫町北方字兵粮120-1
電話:0220-23-1126
高速道路をご利用の場合/
東北自動車道「築館IC」から30分(約20km)
 
JR
JR東北本線 新田駅よりタクシーで15分(約8km)
※タクシー乗車後の行先は長沼温泉ヴィーナスの湯とお伝え下さい。
 
  長沼行の公共交通機関はありません。
 

はすまつりチラシ(2018年度版)

TOPへ戻る